国際文化学研究科

地域文化・異文化コミュニケーション・現代文化システム・言語情報コミュニケーション・外国語教育の各観点から、現代のグローバル社会における文化のあり方を多角的に考察します。

アドミッション・ポリシー

国際文化学研究科では、高い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力を有し、豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を養成することを目指しています。上記の教育研究上の目標をふまえ、本研究科が求めるのは次のような学生です。

博士課程前期課程

  • 文化を複合体として捉え、異文化間の関係性を多角的に探究することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 言語情報コミュニケーションの動態を深く理解し、現代のグローバル社会の諸課題に取り組むことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 高い専門性の上に立った学際的研究を行うことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生

博士課程後期課程

  • 複合体としての文化の構造と動態を究明し、文化研究の先端的な領域を主体的に開拓することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 言語情報コミュニケーションの諸問題を探求し、グローバル化する現代世界を多角的に研究することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 高度な専門性の上に立った領域横断的な研究を行うことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生

令和3年度入試の種類と入学定員(募集人員)博士課程前期課程

専攻 募集人員 選抜の種類
文化相関専攻 18

一般入試
社会人特別入試
外国籍学生特別入試

グローバル文化専攻 29

令和3年度入試の種類と入学定員(募集人員)博士課程後期課程

専攻 募集人員 選抜の種類
文化相関専攻 6

一般入試
外国籍学生特別入試

グローバル文化専攻 9

取得できる資格・免許

課程 専攻 種類 教科
博士課程前期課程 文化相関専攻
グローバル文化専攻
中学校教諭専修 英語
高等学校教諭専修 英語

※教諭専修免許を取得するには、教諭一種免許を有し、同専攻を修了し、教科又は教職に関する科目などの単位を一定数以上取得する必要があります。

試験問題公表について

国際文化学研究科の大学院修士課程・博士(前期・後期)課程の試験問題公表について

著作権等により公開できないものもありますので、事前に各研究科にお問い合わせください。

試験問題の公表方法等 閲覧等に必要なもの 公表時期
来学すれば閲覧、コピー可<過去3年間>
(受付場所:国際文化学研究科教務学生係、図書館(総合・国際文化学図書館))
研究科ホームページに掲載<過去3年間>

身分証明となるもの

6月以降

お問い合わせ

神戸大学国際文化学研究科教務学生係
〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1-2-1
078-803-7530

http://web.cla.kobe-u.ac.jp/