農学部

農学部

自然に学び、人類の活動の源となる食料生産を支える。
「食料・環境・健康生命」に代表される農学の諸課題を探求する。

持続的発展が可能な循環型社会の構築を目指して、人類の活動の源となる食料の生産と、それを支える多様な生物資源や自然環境を学び、「From Farm To Table」をキーワードに「食料・環境・健康生命」に代表される農学の諸課題に最先端の知識と技術で挑戦します。

アドミッション・ポリシー

農学部では、食料・環境・健康生命をキーワードとし、農場から食卓までの諸課題の解決を通じて、人類の生存と福祉に貢献することを理念としています。
これに基づき、自然科学や社会科学を含む総合科学である農学を基礎とした幅広く深い教養に加えて国際感覚と豊かな人間性をそなえ、食料の安定供給、環境保全と新規バイオ産業の創生および食の安全安心に向けた研究や技術開発を通じて地域および国際社会に貢献できる人材の養成を目標として、次のような学生を求めています。

農学部の求める学生像

  1. 日本語や英語の基礎的な理解力、表現力などのコミュニケーション能力を身につけている学生
    〔求める要素:知識・技能、思考力・判断力・表現力〕
  2. 自然科学及び社会科学の基礎を十分に理解できる学生
    〔求める要素:知識・技能、思考力・判断力・表現力〕
  3. 人間と自然のかかわり合いに強い関心を持ち、未知の現象の解明や独創的な技術開発に意欲的に取り組める学生
    〔求める要素:思考力・判断力・表現力、関心・意欲〕
  4. 地域及び国際的な社会活動に高い意欲を有する学生
    〔求める要素:主体性・協働性、関心・意欲〕

※高等学校等で修得しておいてもらいたい内容
「国語」:文章を読み解く読解力。明確な表現力。
「地歴・公民」:幅広く総合的な知識。様々な社会現象を捉える分析力。
「数学」:数学的思考力、表現力、総合力。
「理科」:自然科学の総合的理解力、論理的思考力。
「英語」:読解力、コミュニケーション力、表現力。

入学者選抜の基本方針

以上のような学生を選抜するために、農学部のディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを踏まえ、以下の選抜において様々な要素を測ります。

  • 一般選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を測ります。
  • 「志」特別選抜では、「関心・意欲」「思考力・判断力・表現力」「知識・技能」「主体性・協働性」を測ります。
  • 私費外国人(留)学生特別選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「関心・意欲」を測ります。

令和3年度入試の種類と入学定員 (募集人員)

農学部

食料環境システム学科:入学定員 36名
資源生命科学科:入学定員 55名
生命機能科学科:入学定員 69名

<一般選抜>募集人員

学科 コース 前期日程 後期日程
食料環境システム学科 生産環境工学 20 5
食料環境経済学 5 2
資源生命科学科 応用動物学 20 6
応用植物学 21 5
生命機能科学科 応用生命化学 29 7
応用機能生物学 21 8

<特別選抜>募集人員

学科 コース 「志」特別選抜 私費外国人(留)
学生特別選抜
食料環境システム学科 生産環境工学 2 若干名
食料環境経済学 2
資源生命科学科 応用動物学 1
応用植物学 2
生命機能科学科 応用生命化学 1
応用機能生物学 3

その他、編入学・学士入学試験も行っています。

取得できる資格・免許

学科全学科共通

種類 教科
高等学校教諭一種 農業

資源生命科学科 応用動物学コース・生命機能科学科 応用生命化学コース

種類 教科
食品衛生管理者及び食品衛生監視員の資格 在学中に免許資格に関する所定の科目を履修した者は資格を有する。

資源生命科学科応用植物学コース・生命機能科学科応用機能生物学コース

種類 教科
樹木医補の資格 大学院に進学した場合、修士課程の研究が実務経験として認められる場合がある。
所定の単位を取得した者は、申請により樹木医補の資格を取得できる。
樹木医の受験資格を得るには、樹木医補資格認定後1年以上の実務経験が必要。

食料環境システム学科 生産環境工学コース農業土木系分野(地域環境工学プログラム)

種類 教科
JABEEプログラム修習技術者の資格 卒業者に修習技術者の資格が与えられ、技術士の第1次試験が免除される。
測量士 (補) の資格 卒業者は測量士 (補) の資格が得られる。(測量士は、卒業後1年以上の実務経験を要する)
技術検定の受検資格 ※(一級)
別表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した後、3年以上(指導監督的実務経験1年以上を含む) の実務経験が必要。

※(ニ級)
以下の受検しようとする種目について、教科において指定する条件を満たし卒業した後、それぞれの条件を満たすこと。

  • 建設機械施工

    受検しようとする種別に関する6ヶ月以上の実務経験を含む1年以上の実務経験を有する者。

  • 土木及び建築施工管理(国土交通大臣が指定する種別)

    受検しようとする種別に関し1年以上の実務経験を有する者。

  • その他の種目及び種別

    「学科試験」

    卒業した者又は卒業見込みの者。

    「実地試験」

    受検しようとする種目(種別)に関し1年以上の実務経験を有する者。

別表  次に掲げる科目のうち、5 単位以上を取得した者

水理学Ⅱ、応用水文学Ⅰ、応用水文学Ⅱ、応用構造力学、土質工学Ⅱ、建設材料学、土壌物理学、鉄筋コンクリート工学、土地改良法、水利施設工学Ⅰ
水利施設工学Ⅱ

教員一覧

お問い合わせ

総合型選抜・学校推薦型選抜の募集要項の請求方法

封筒に必ず「○○学部○○学科○○入試募集要項請求」と朱書きのうえ、受信者の住所・氏名・郵便番号を明記した返信用封筒を同封して、希望する学部へ請求してください。なお、返信用封筒の大きさ及び切手代は、請求前に各学部担当係へ確認してください。

学士・編入学入試の募集要項の請求方法

封筒に必ず「○○学部編入学募集要項請求」と朱書きのうえ、受信者の住所・氏名・郵便番号を明記した返信用封筒を同封して、希望する学部へ請求してください。なお、返信用封筒の大きさ及び切手代は、請求前に各学部担当係へ確認してください。


神戸大学農学部教務学生係
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
078-803-5928

http://www.ans.kobe-u.ac.jp/