HOME > 育児・介護支援 > ベビーシッター派遣事業割引券

ベビーシッター派遣事業割引券

 本学教職員の育児と就労の両立を支援するために、「ベビーシッター派遣事業割引券」を配布します。本制度は、内閣府の委託を受け公益社団法人全国保育サービス協会が実施する「ベビーシッター派遣事業」を利用して行うものです。

 割引券は男女共同参画推進室の経費で購入していますので、申し込みされる場合は出来る限り確実に使用する枚数を申請してください。

令和2年度の特例措置について

特例措置の趣旨

新型コロナウイルス感染症の影響によって、小学校や保育所等において臨時休業等になった場合に、保護者が仕事を休んだり放課後児童クラブ等も利用できず、ベビーシッターを利用した場合の利用料金を補助するものです。

利用枚数

  • 1日の上限枚数:対象児童1人につき 5 枚
  • 1か月の上限枚数:1家庭につき1か月あたり 120 枚
  • 年間の上限枚数:上限なし

対象者

  • 配偶者が仕事をしていたり、ひとり親であったりして、ベビーシッターを利用しないと働き続けられない
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で子供の通う小学校や保育所等が休校・休園等になっている

特例措置の期間

2020年4月1日以降の利用(終了時期未定)

その他

  • 割引券の事由欄に休校等の理由を記載していないものは特例措置分として扱いません
  • 特例措置として利用した割引券は、非課税所得になります

参考:内閣府「特例措置の概要[PDF]」(外部リンク)

概要(通常利用)

目的 本学教職員の子育てと仕事の両立環境を整える
利用対象者 本学に雇用されている非常勤を含む職員(共済組合員および厚生年金保険被保険者に限る)
利用の条件
  1. 配偶者の就労、病気療養、求職活動、就学、職業訓練等により、または、ひとり親家庭であることによりサービスを使わなければ就労すること(職場への復帰を含む)が困難な状況にあること
  2. 公益社団法人全国保育サービス協会が指定するベビーシッター事業者に限る。

参考:割引券等取扱事業者一覧(外部リンク)

参考:厚生労働省「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」(外部リンク)

対象児童
  1. 0歳から小学校3年生までの子ども
  2. 健全育成上の世話を必要とする小学6年生までの子ども(身体障害者手帳・療育手帳交付のある児童、その他地方公共団体が実施する障害児対策の対象となっている児童)
  3. 「職場への復帰」の為のサービス利用の際は未就学児が対象
対象となるサービス
  1. 家庭内における保育
  2. 家庭と保育等施設の間の送迎
利用期間

2020年4月1日~2021年3月31日

※予算および発行枚数が上限に達した場合は、利用期間内であっても配布を終了する

割引金額

1枚につき2,200円

  • 利用料金が1回につき使用枚数×2,200円以上のサービスを対象とする(会費、交通費、キャンセル料、保険料等のサービスに付随する料金は含まない)
  • 割引券は、1日に対象児童1人につき1枚、1家庭1か月24枚まで、年間280枚まで使用できる。(1日の利用可能枚数の例: 3人きょうだいが全て対象児童なら3枚使用可)
  • 対象者が割引券を使用した場合、その割引料は税務上その対象者の所得となり、所得税法上、「雑所得」に区分される

利用方法

【割引券の交付が開始されるまでの利用について】
割引券利用予定の方は、利用手順どおり事前に利用登録申請および割引券利用申込をしてください。割引券の交付を開始しましたら、利用申込で申請された枚数を送付します。交付前に、実際に利用された日を確認する場合もございます。
※令和2年4月1日より当面の間は、割引券を使用せずにベビーシッターサービスを利用した場合においても、割引券の交付後、手続きにより割引額の返還を受けることができます。

参考:内閣府「「ベビーシッター派遣事業」の令和2年度の取扱いについて」(外部リンク)

 

利用手順

必ずご一読ください

ベビーシッター育児支援事業割引券の利用手順について[PDF]

必要書類
  1. ベビーシッター事業者との契約書の写し(利用者本人名義)
    ※新年度初回利用時に提出。2回目からは同一業者を利用する場合は省略可。
  2. 割引券申込書

【特例措置を利用する場合】
小学校等が臨時休校等になったことがわかる書類
(割引券に臨時休業等の事由を記載する必要があるため)

利用登録(初回)

サービスの利用には事前に利用登録が必要です。

  1. 利用手順(PDF)をご確認の上、以下の内容を男女共同参画推進室へメールにてご連絡ください。内容を確認後、当室から登録完了のご連絡をします。
    --------
    件名: ベビーシッター割引券利用登録申請
    内容: 利用者氏名、職員番号、常勤・非常勤の別
    -------
    【提出先メールアドレス】
    gnrl-nursery(アットマーク)office.kobe-u.ac.jp
  2. 割引券取扱事業者一覧から選んだベビーシッター事業者と、事前に利用契約・利用申込をしてください
  3. 「割引券申込書」と「ベビーシッター事業者との契約書の写し(本人名義)」をご利用の7日前(土日祝日を除く)までに男女共同参画推進室へ提出してください。
利用申込み(2回目以降)

申込書を男女共同参画推進室へメールにて送付してください。原則として利用予定日の5日前まで(土日祝日を除く)にお願いします。メールの件名は「ベビーシッター割引券申込書」としてください。

利用するベビーシッター業者を変更する場合は、その都度、契約書の写し(利用者本人名義)を提出ください。

様式 割引券申込書[Word]
問い合わせ先 男女共同参画推進室
TEL 078-803-5471(内線5471)
E-mail gnrl-nursery(アットマーク)office.kobe-u.ac.jp

【お願い】本制度を利用された方は年度末に行うアンケートにご協力をお願いします。

利用実績

男性利用者 女性利用者 交付枚数 報告(学内限定)
2019年度 2 5 397 利用者アンケート[PDF]
2018年度 1 5 297 -
2017年度 2 6 200 -
2016年度 2 3 191 -
2015年度 1 7 229 -
2014年度 3 14 396 -
2013年度 5 15 549 -
2012年度 9 12 504 -
2011年度 6 11 505 -
2010年度 1 5 32 -