〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1

TEL
078-803-5471,5017
FAX
078-803-5285

EN

お問い合せ

ユネスコチェア概要

unescochair_ttl.jpg

WHAT IS A UNESCO CHAIR?

【目的】
ユネスコチェアは,大学間ネットワークを形成し、国境を越えた教育・研究活動を通し、知識の交換を促すことを目指す。

【認定機関の役割】
シンクタンク、教育、地域連携、機関連携(橋渡し)

【ユネスコチェア実施機関】
902機関(2022年7月31日現在)

神戸大学ユネスコチェア
ジェンダーや脆弱性に配慮した減災対策

【事業名】
ジェンダーや脆弱性に配慮した減災対策

【目的】
より安全でインクルーシブな世界をつくるために、阪神大震災を経験した大学としての体験を共有し、海外の大学や機関とのネットワーク構築や拡充を目指す。

【特徴】
ジェンダーや脆弱性の観点から自然災害を捉える文理融合アプローチ

【期間】
4年間
    第1期:2018年2月-2022年2月
    第2期:2022年2月開始

関連サイト:Global Network of UNESCO Chairs on Gender(外部リンク)

PARTNER INSTITUTIONS

ガジャマダ大学 Gadjah Mada University
マーシー マレーシア MERCY Malaysia
高雄科技大学 National Kaohsiung University of Science and Technology
国立女性教育会館 National Women's Education Center 
タマサート大学 Network for International Development Cooperation,Thammasat University
トゥンクアブドゥールラーマン大学 Universiti Tunku Abdul Rahman (UTAR)

研究Research

連携機関研究者との共同研究の実施

  • ジェンダーと災害弱者への配慮に基づいた災害の影響評価指標の策定
  • 災害リスク軽減のための学際的なモデルの構築

Joint research with representative of the partner institutions

  • Establish gender sensitive and inclusive guidelines for disaster risk reduction
  • Build a multidisciplinary model for disaster risk reduction
教育/意識啓発Education/Awareness Building

防災教育の意識啓発の実施

  • 学生、学者、専門家、政策決定者等を対象にした研修の開催
  • 災害リスク軽減に対する市民の意識向上を目的にした啓発活動

Implementation of DRR awareness strategies

  • Training for students, scholars,professionals, and policy makers
  • Disaster risk reduction awareness building activities for local residents
ガイドラインGuidelines

ガイドラインの策定・普及

  • セミナー、シンポジウム、HPを通して普及

Establish and circulate the guidelines through

  • seminars, symposium, HP
政策提言Policy recommendations

防災教育の意識啓発の実施

  • 地域のニーズに適合し、平等でよりレジリエンスのある社会構築を目的とした政策の提言

Policy recommendations

  • TProvide policy recommendations that meet local needs and aim to build a more resilient and equal society
減災ネットワークの拡大Expansion of the DRR network

減災ネットワークの拡大

  • ジェンダーと災害弱者の視点に基づく国際的な災害リスク軽減ネットワークの構築・拡充

Expansion of the DRR network

  • Building and expanding an international network for disaster risk reduction based on perspectives of gender equality and social inclusion

TOPへ