授業/履修

教務情報システム うりぼーネットはこちらから

パソコン必携

平成31年度以降に神戸大学に入学する学部学生を対象に開始されたパソコン必携化に関する情報をお知らせするページです。
趣旨
神戸大学では、高度情報化社会において情報通信技術の十分な活用能力を有する人材を育成し、それらの技術を活用した教育の提供を目的に、パソコンの必携化を実施します。
学修支援システム(BEEF等)を利用した双方向授業、レポートの作成、提出、講義資料の閲覧、履修登録、成績の閲覧、電子雑誌・図書の閲覧等にパソコンを活用します。授業でパソコンを利用することがありますので、教員の指示があった場合には持参できるように、入学までにパソコンをご準備ください。

(2019.5.13更新)

(1) パソコンの準備 ※2019年度入学生用
・パソコンは、「情報基礎」の第1回目の講義までに各自が準備する必要があります。それまでにパソコンのセットアップとOSのアップデートを完了したうえで持参してください。Windows10については、自宅等でアップデートができない場合は(2)のWindows10アップデート会に参加してください。また、必要なソフトウェアのインストール方法等は情報基礎の授業等で説明します。

・リンク先にはパソコンのスペックや注意事項が記載されています。良く読んで参考にしてください。

・経済的事情によりノートパソコンの貸与を希望する方もこちらのページをご確認ください。


(2) Windows10アップデート会 ※終了しました。
・Windows10のパソコンは、「情報基礎」の第1回目までに各自でWindowsアップデートを行い、Windowsを最新の状態にしておく必要があります。
・自宅でインターネット接続できないためWindowsアップデートができないなどの事情のある人は、「Windows10アップデート会」に参加してください。
詳細はリンク先を参照してください。


(3) 「情報基礎」の授業

・1年生向けの必修授業です。閲覧には神戸大学のアカウントが必要です。

・ 第1回目の授業に各自のパソコンを持参してください。授業でアカウントを配付し、持参パソコンから「うりぼーネット」等に接続します。(全員出席)

・第1回目の授業までに、パソコンのセットアップOSのアップデートを行い、充分充電しておいてください。


(4) 「パソコンの活用」ページ
「全学無線LANに接続できない」、「BEEFにログインできない」、「Officeがインストールできない」などのトラブルについて相談する窓口の案内です。
閲覧には神戸大学のアカウントが必要です。