高度教養科目

  •  
     

<更新情報(平成30年5月9日)>

高度教養科目の科目一覧表のページの平成30年度開講科目一覧( 3年次履修可能科目)を更新しました。(更新内容は赤字下線です)

 

<過去の更新情報>

 

1.高度教養科目のねらい

 神戸大学では,すべての学生が卒業時に身につけるべき3つの能力を「神戸スタンダード」として定めました。3つの能力とは,「複眼的に思考する能力」,「多様性と地球的課題を理解する能力」,「協働して実践する能力」であり,全学共通授業科目の基礎教養科目は複眼的に思考する能力を身につけること,総合教養科目は多様性と地球的課題を理解する能力を身につけることを目的として1・2年次生対象に開講されています。
 そして協働して実践する能力に対応するのが,各学部および国際教養教育院が開講する高度教養科目です。高度教養科目は、ある程度専門科目を学修した3・4年次生を対象に開講され,専門の異なる学生が共通の課題について協働して解決方法を探ることにより,「分野融合」「文理融合」の意義,協働の大切さを学ぶことを学修目標としています。
 今,私たちを取り巻く社会には,いくつかの専門分野の研究成果を結集しなければならない課題が多く存在します。また1つの組織の中でも,専門を異にする人々が協働して1つの課題に取り組む機会が多くなるでしょう。高度教養科目は,このような社会が必要とする実践力を身につけるための科目です。

2.高度教養科目とは
 高度教養科目には、以下のような多様な科目があります。
 ・外国語で行う専門科目(学内サマースクールも含む)
 ・学際科目(文理融合科目を含む)
 ・グローバルイシュー関連科目
 ・社会(地域)連携科目
 ・ESD関連科目
 ・高度教養セミナー(少人数の多分野協働セミナー) など

 

3.履修対象者
 平成28年度以降の学部入学生

 

4.卒業に必要な単位数
 4単位です。

 修得方法については,各学部で 定めていますので,詳細は,学生便覧等で確認してください。

 

5.開講年次
 主に3・4年次生を対象に開講します。一部2年次生に開講される科目もあります。

 

6.開講時期
 平成30年度から開講しています。

 

7.開講科目および曜日時限
 各科目について不明な点があれば,今後公開されるシラバスを確認したり,開講学部等の教務担当係に問い合わせたりしてください。

 詳細は,こちらの開講科目一覧表をご覧ください。

 

8.教室

 原則,開講学部等の教室で授業を実施します。開講部局等の授業時間割にて確認してください。

 国際教養教育院の開講科目の教室は,「開講部局等の授業時間割」の「国際教養教育院(全学共通授業科目等)」→「時間割」→「高度教養科目(国際教養教育院開講)の時間割についてはこちら」から確認してください。

 <教室の例>

  ・理学部が開講する高度教養科目→原則,六甲台第2キャンパスにある理学部の教室で授業を実施します。

  ・法学部,経済学部,経営学部が開講する高度教養科目→原則,六甲台第1キャンパスにある法学部,経済学部,経営学部のいずれかの学部の教室で授業を実施します。

 

9.履修登録方法
 開講科目毎に異なりますので注意してください。

 以下の(A)~(D)の4つの方法があります。

 

(A)抽選登録

 

第1次抽選

 

第2次抽選

 (第1次抽選の結果、定員に余裕があれば実施する)

第3次抽選

 (第2次抽選の結果、定員に余裕があれば実施する)

開講期 抽選登録期間 結果発表 抽選登録期間 結果発表 抽選登録期間 結果発表

前期・1Q・2Q

後期・3Q・4Q

未定

未定

未定

未定

未定 

未定

※1つの抽選グループの中に表示される全ての授業科目に希望順位を付ける必要はありません。

※抽選結果を発表したら,高度教養科目ホームページの更新情報やうりぼーネットの掲示板でお知らせします。 

※抽選結果は,うりぼーネットの「履修登録・登録状況確認」で確認してください。抽選登録した科目が登録されていれば履修できます。登録されていなければ履修できません。

※抽選登録の結果,履修登録された科目は変更できません。「全学共通授業科目(基礎教養科目など)」や「専門科目」と曜日・時限が重複していないかよく確認してください。


(B)履修登録

 前期・1Q・2Q         ―

 後期・ 3Q・4Q

 10/1(月)9時~10/15(月)17時

 
(C)開講学部等の教務担当係窓口等での事前申し込み

 

(D)初回授業に出席し申し込み