HOME > 国際教育
国際教育

国際教育

世界に向かって未来を拓く

神戸大学は、交易都市に設立された大学として、長い歴史と輝かしい伝統を持っています。古来より、日本の玄関口として培われた風土は国際交流を日常としてきました。神戸に息づくこの伝統がグローバルネットワークを育む土壌となっています。多様な価値観を尊重し、異文化に対する深い理解力を有し、コミュニケーション能力に優れた人間の育成を目的として、世界5 4ヶ国・地域にある3 0 2 機関と学術交流協定を締結しています。さらに、中国・北京、ベルギー・ブリュッセルにオフィスを設置し、これらの地域との連携を強化しています。海外の学術機関と、共同研究、教員の交流、学生の交流、情報交換等を推進し、協定校を中心に、交換留学や短期語学研修など多彩な海外留学プログラムを設けています。

世界40ヶ国・地域、189校の協定大学と1学期間または1年間の学生交換を行っています。

国際的な舞台での就業体験の機会を提供しています。

英語、中国語、ドイツ語、フランス語の各種、夏休み・春休みを利用して語学研修を行っています。

1・2年生の1つのクォーターや長期休暇を「チャレンジターム」として設定し、その期間に学生が国際的なフィールドで学修活動を行うプログラムです。

真の異文化コミュニケーションに必要な言語能力の育成と深い文化理解をめざしています。

選抜された国際人間科学・法・経済の3学部の学生が、EU(欧州連合)に関してそれぞれの専門分野と他分野から、多面的かつ体系的に学びます。

外国人留学生のよりよい学生生活のために日本語教育、交流活動を推進しています。

本学の国際性を活かした教育プログラムの開発・推進を支援しています。

法学・経済学・経営学の3研究科合同で創設した英語による講義で修士号を取得できるプログラムです。海外実習もプログラムに組み込まれ、世界で活躍できる人材を育成します。

ページトップへ戻る