仕事と家庭をサポート 両立支援制度

HOME > 両立支援制度 > ベビーシッター派遣料金の一部補助

ベビーシッター派遣料金の一部補助サービス

 男女共同参画推進室では、病後児・夜間・休日保育を必要とする職員に対し、ベビーシッター派遣料金の一部を補助し、子育てと仕事の両立支援を行います。本サービスは神戸大学が株式会社マザーネットと法人契約を結び、実施します。

 

(!)2016年4月1日より一部変更になりました。

利用対象者

未就学児の子どもを持つ常勤職員および非常勤職員(※)で配偶者控除を受けていない者。
(※)1週間当たりの契約労働時間が40時間の非常勤職員に限る。

利用できるサービス

サービスの対象となる子どもは未就学児に限ります。

通常の利用

  • 病後児保育(7時~23時)
  • 夜間保育(18時~23時)

勤務を命じられている場合の利用(事前申請・業務命令書の提出必須)

  • 夜間保育(18時~23時)
  • 休日保育(7時~23時)

 業務の都合により勤務を命じられた日に、自宅でベビーシッターによる保育が必要である場合、事前に申請を行うことにより利用者負担なし(全額大学負担)で利用できます。

 対象となる業務とは、授業・入試・大学祭・公開講座・オープンキャンパス・ホームカミングデイ・その他(部局で認められたもの)。 但し個人的な研究や学会参加のための利用は不可。

利用負担額

基本ベビーシッター派遣料金は2,471円(税込)/1時間です。

  • 【常勤職員の場合】1,000円/1時間が利用者負担となります 。
  • 【非常勤職員の場合】500円/1時間が利用者負担となります 。
  • 【勤務を命じられている場合(事前申請・業務命令書提出)】利用者負担なし

(※)利用料金には、別途ケアリスト交通費および保険料(180円/日)等がかかります。これらは利用者負担となります。

年間利用可能時間数

  • 病後児保育及び夜間保育:利用者1人あたりの年間利用可能時間は、合わせて40時間まで。
  • 勤務を命じられている場合の夜間保育及び休日保育:利用者1人あたりの利用時間の上限はなし。

(※)ただし、本サービスの年度予算に達した時点でサービスを終了する場合があります。

利用実績

男性登録者 女性登録者 総利用時間
平成23年度 1 13 66.5
平成24年度 4 21 330
平成25年度 3 27 149.5
平成26年度 3 30 131.75
平成27年度 3 30 115