国際シンポジウム

HOME > お知らせ > 国際シンポジウム2011年

国際シンポジウム2011年開催報告

国際シンポジウム2011年開催案内はこちらから

2011年12月19日(月) 国際シンポジウム-Women in Science and Education 女性研究者がリードする持続可能な社会を開催しました

神戸大学男女共同参画推進室では12月19日 (月) に、ユネスコ後援のもと、国際シンポジウム「Women in Science and Education 女性研究者がリードする持続可能な社会」を開催しました。

ユネスコロゴ

本シンポジウムでは、ユネスコ男女共同参画担当課長 S. Gulser Corat氏より 「Where Are the Women? Gender Equality in Science and Education」 と題して、ユネスコが最優先課題とするGender Equalityの観点から、女性研究者を増やす取組みについて講演がありました。続いて、アメリカ化学会会長を務めた科学者 E.Ann Nalley氏より「Leadership Among Women in Science in the USA」 のテーマで、主にアメリカにおける女性化学者を取り巻く環境についてのお話がありました。

S. Gulser Corat氏E.Ann Nalley氏
[左]S. Gulser Corat氏 [右]E.Ann Nalley氏

また、2011年世界化学年の女性化学賞受賞者である、神戸大学特別顧問 相馬芳枝氏より「世界化学年と女性科学者」 と題して、神戸大学の女性研究者支援についてご講演がありました。

相馬芳枝氏
相馬芳枝氏

講演の後には、ツェンコヴァ・ルミャナ男女共同参画推進室長をコーディネータ-に、講演者に加え、長野宇規農学研究科准教授と茶谷絵理理学研究科准教授をパネリストとして、「理系の女性研究者を増やす取組み」についてディスカッションが行なわれました。
また、シンポジウムの最後には男女共同参画貢献賞表彰式が行なわれ、人間発達環境学研究科教授 近江戸伸子氏が受賞されました。会場には約110名が詰めかけ、盛況のうちに閉会しました。

パネルディスカッション男女共同参画貢献賞受賞者
[左]パネルディスカッションの様子 [右]男女共同参画貢献賞受賞者 近江戸伸子氏

アンケートまとめ

アンケート結果はこちらから(PDF)