推進室について

HOME > 公開講座 > 1月1日開催「公開講座タイトル」

8月3日開催 公開講座「災害に強い社会を考える」を開催しました。

開催日時 2016年8月3日(水)
10:30-17:15
場所 【第一部】神戸大学深江キャンパス
     総合学術交流棟1階 梅木Yホール
【第二部】深江丸 船内見学含む
参加者 26名 備考 チラシ【PDF】
講師 【第一部】題目:「災害と弱者」
    講師:岡田順子(神戸大学男女共同参画推進室 副室長)
       中原朝子(神戸大学男女共同参画推進室 助教)

【第二部】題目:「津波と海洋環境」
    講師:林美鶴(海事科学研究科 准教授)

    題目:「原発事故後の小児甲状腺がんの多発」
    講師:山内知也(海事科学研究科 教授)

レポート

【第一部】の様子


【第二部】の様子


【第一部アンケート結果】
・高齢者など急病人が発生したときの問題点や対策など、自分では考えつかなかったことなどを聞くことができてた
 めになりました。
・「子育て世代と高齢者が交流するような部屋割りが言い」とおっしゃった人がいて、いい視点だと共感したのだ
 が、「ぜったいダメ」と強く反対された方もいて、理想と現状のギャップをふまえなければいけないことを痛感し
 た。
・皆さん、とてもテキパキと話を進められて、総合的に物事を考えられない私は圧倒されっぱなしでした。避難所の
 スペースわけを年齢別で考えた時、配慮すべき年齢(高齢者は何歳以上か、子供は何歳以下の世帯を別室にした
 方がよいか等)が皆さんそれぞれ違って面白かったです。

・女性などの弱者からの視点というのは、その立場に立って考えるのがとても難しく、また震災や避難所の実態を知
 らない私にとっては状況をシミュレーションするのは大変だった。ただ、震災を経験された同じチームの方のお
 話は大変参考になった。
・東北にいて、避難所運営で「これは男の仕事、これは女の仕事」となっている現状で先生の講座通りです。そのほ
 うが効率的、迅速に運営が出来ているメリットもあるようです。