学生向けキャリアカフェ

HOME > 学生向けキャリアカフェ > 2011年度 第3回

第3回 学生向けキャリアカフェ2011
「Rikejo×先輩Rikejo Part2」を開催しました。

開催日時 2012年2月8日(水) 
15:10-16:40
場所 自然科学総合研究棟3号館125演習室
※工学部食堂の北側にある建物です
参加者 21名 備考 チラシ【PDF】
講師 山田 香織さん(自然科学系先端融合研究環 重点研究部 助教)
柏原 裕美さん(工学研究科 博士課程後期課程3年)

 平成24年2月8日に開催した学生向けキャリアカフェは、学生13名(女5名:男8名)、教員8名の合計21名の方々に参加頂きました。

 自然科学系先端融合研究環助教の山田香織さん、工学研究科博士後期課程3年の柏原裕美さんに、ご自身の研究者に至る動機や過程、経験談などについてショートスピーチをしていただいた後、参加者全員で意見交換を行いました。論文を投稿するタイミングや、博士課程への進学を決めた時期はいつ頃かといった質問や任期付きの仕事しかなく就職が厳しい状況では博士課程へ進学することは難しいといった意見、周囲には彼女との生活のために進学をやめて就職する男性もいる、といったコメントもありました。博士課程への進学に向けては、すぐには解決できない問題も多いのが現状ですが、学生と教員が同じ場で意見を交換することにより、学内全体で少しでも進学や研究に関わる問題点を共有できるようにしていけたらと考えています。

学生向けキャリアカフェの様子

感想・意見等

  • とても参考になった。とりあげてほしいテーマは「学生結婚」「アカハラ」です。もう少し時間があっても良かった。
  • 開催時期をもう少し前後にずらしてほしい。
  • 経済的問題(就職含む)、女性ならではの有利・不利について話があるとよいのでは。
  • 博士課程の方の進路の話をしてほしい。
  • メンタルな話はすごく重要だと思うのでもっと話してほしかった。
  • 女性博士の就職状況について。
  • 企業が博士に求めること。
  • 博士に対しての意見のずれを感じた。文系の友達は働いているし、理系の場合就職のしやすさは、修士がピークだから博士にいかない。学生に事前にアンケートをとったらどうか。