キャリアカフェ

HOME > キャリアカフェ > 2016年 キャリアカフェ@兵庫県立大学(あいめっせホール)「リケジョのススメ!女性研究者の魅力発信」

キャリアカフェ@兵庫県立大学(あいめっせホール)「リケジョのススメ!女性研究者の魅力発信」を開催しました。

開催日時 2016年10月22日(土)
13:00-16:00
場所 あいめっせホール(イーグレひめじ3階)
定員 108名 備考 チラシ【PDF】
アンケート結果【PDF】
講師 【基調講演1】
渡辺百合香さん(株式会社 資生堂 化粧品開発センター)
「ワクワクをカタチにするものづくり ~感性と機能の融合~」

【基調講演2】
高岡素子さん(神戸女学院大学 人間科学部環境・バイオサイエンス学科 教授)
「理系女子× わたしらしさ」

 みなさんはどんな将来を描いていますか。目標がある人もない人も、いま、何をすればいいのでしょう。 大学で学んだことの先には、どんな世界が広がっているのでしょうか。
 企業で化粧品開発に携わる渡辺百合香さん(資生堂)や、大学で「美容式」Ⓡアミノ酸ゼリーを開発 した高岡素子さん(神戸女学院大学)に、「研究のある生活」についてお話を伺ってみませんか。そして、 みなさんの「いま」と「これから」について、一緒に考えてみましょう。

開催報告

 H28年10月22日に姫路市男女共同参画推進センターあいめっせにおいて、兵庫県立大学男女共同参画シンポジウムを開催しました。今回のシンポジウムは、「リケジョのススメ!女性研究者の魅力発信」という内容で、若手女性研究者はもとより、女子大学生、女子高校生を対象にロールモデルとなる企業や大学の女性研究者の講演や討論会を実施しました。

 基調講演は、まず、資生堂の研究者である渡辺百合香氏が資生堂の企業概要、研究所紹介をされた後、ご自身のこ理系を選択、大学院進学、資生堂への就職に関する経緯を話されました。次に神戸女学院大学の高岡素子教授が、幼少期の思い出などを含め、女性研究者になるまでの経緯をお話しされた後、ご自身の研究の内容とスウェーデン留学での気づきや思い出を写真とともに紹介されました。

 休憩後は、片田副学長がコーディネーターとなり、女子高校生、女子大生vs女性研究者のクロストークがありました。まず、参加した女子高校生が現在取り組んでいる科学的な研究の工学部所属の女子大学生の研究等の紹介の後、女性研究者に対しての質問が投げかけられました。質問の内容は、「女性研究者は孤独ですか?」「研究者以外の進路選択の有無」「女性が理系に進むことのメリット・デメリット」などでした。

 片田先生の巧みなリードで、リラックスした雰囲気の中、壇上だけではなく、会場からもクロストークがおこなわれ、大変盛り上がったなかシンポジウムが行われました。