男女共同参画貢献賞

HOME > 男女共同参画貢献賞 > 第5回(2018年)

第5回 男女共同参画貢献賞(2018年)

男女共同参画貢献賞は、男女共同参画の推進に貢献した功績が極めて顕著であると認められる本学の職員又は複数の職員で構成されたグループに対し、その功績を称えるとともに、今後の一層の活躍を願って男女共同参画推進室長から表彰を行うものです。

【受賞者】京都教育大学監事/神戸大学名誉教授 朴木 佳緒留氏

受賞理由

 男女共同参画貢献賞は、男女共同参画推進室を立ち上げ、その後の運営に尽力された神戸大学名誉教授/京都教育大学監事 朴木 佳緒留先生が、第五回男女共同参画貢献賞を受賞されました。

 阪神大震災の時に、いち早くジェンダー問題があるということに、お気づきになられ。以降、学術的な発信をされてきました。神戸大学では男女共同参画推進室に関しましては、設置について学長に直訴を致し、見事設置となり、まさに立役者です。その後、女性研究者支援モデル育成、文部科学省科学技術人材育成費補助事業を次々と採択し、私たちの活動を大きくされていきました。

よって男女共同参画貢献賞を受賞するのにふさわしい者として表彰されました。