男女共同参画貢献賞

HOME > 男女共同参画貢献賞 > 第3回(2013年)

第3回 男女共同参画貢献賞(2013年)

男女共同参画貢献賞は、男女共同参画の推進に貢献した功績が極めて顕著であると認められる本学の職員又は複数の職員で構成されたグループに対し、その功績を称えるとともに、今後の一層の活躍を願って男女共同参画推進室長から表彰を行うものです。

【受賞者】保健学研究科 男女共同参画推進委員会

男女共同参画推進委員長 松田宣子氏

受賞理由

保健学研究科の男女共同参画推進委員会は、学内唯一の研究科内の正式委員会であり、神戸大学の男女共同参画にかかわる活動に継続的に取り組んできている。保健学研究科は女子学生、女性教員比率は高いが、教授職の女性比率は低く、子育て支援を必要とする教員は潜在的に多い。そのような事情の下で、研究科独自の課題を明確化し、解決方策を模索している。
学内、唯一の正式委員会であること、研究科の固有課題に自発的、継続的に取り組んでいること、男女共同に関わる啓発活動を定期的に実施していることなど、良好な活動を地道に行っており、男女共同参画貢献賞を受賞するのにふさわしいグループとして、表彰された。