推進室について

HOME > 文部科学省 保育の仕組みづくりのモデル構築事業

文部科学省 保育の仕組みづくりのモデル構築事業

 男女共同参画推進室は、文部科学省「男女共同参画社会の実現の加速に向けた学習機会充実事業」における「大学等における保育の仕組みづくりのモデル構築に係る実証的検証実施委託事業」に申請し採択されました。本事業では、平成28年11月1日から平成29年2月28日までの間、神戸大学の教職員及び学生だけでなく、神戸松蔭女子学院大学および放送大学にも利用対象者を拡大し、はとぽっぽ六甲(眺望館1階)および北須磨文化センターの施設を利用した一時保育を無料で実施(試行的試み)し、今後の神戸大学を含めた近隣大学と連携した保育制度のあり方の検討を進めます。

  • 平成28年11月1日から平成29年2月28日
  • 【はとぽっぽ六甲利用対象者】
     神戸大学学生、神戸松蔭女子学院大学学生、放送大学学生、松蔭女子学院大学公開講座受講生
     ※はとぽっぽ六甲を利用する教職員の方は、従来から実施している「一時預かり保育(学内限定)」をご覧ください。

    【北須磨文化センター利用対象者】
     神戸大学保健学研究科教職員および学生

  • 平成28年度実施センター試験、前期・後期入試
  • 【海事科学研究科内施設利用対象者】
     神戸大学教職員、兵庫県立大学教職員、神戸松蔭女子学院大学教職員

神戸大学の方はこちら

放送大学の方はこちら

 ・一時預かり保育室チラシ[pdf]
 ・利用申請書[xlsx]
 ・利用手順(注意点)[pdf]
 ・利用案内(保護者様へ)[pdf]
  ※ご自身で食事を用意し、担当ケアリストへお渡しいただければ、託児中の食事として提供させていただきます。
 ・保育カード[pdf]
  ※ご記入の上、当日に担当ケアリストへお渡しください。

神戸松蔭女子学院大学の方はこちら