新規養成女性教員紹介

HOME > 新規養成女性教員紹介

新規養成女性教員紹介

2010年度 採用教員

黒田慶子先生

黒田 慶子(くろだ けいこ)

 これまで,樹木萎凋病の発病メカニズムや,里山の健康管理について研究してきました。 詳細はこちらのHPをご覧下さい。今後も「森林の健康」をキーワードに研究を続けるつもりです。 また,「知的好奇心を持って研究に没頭する」楽しさを,若い世代に伝えていきたいと思います。
 さて,女性の人生の選択肢は拡がったものの,「仕事か家庭(育児)か選択を」といった固定観念もまだ根強くあります。 私自身の経験では,仕事も家庭も子供も全部欲張って大丈夫です。育児期間は忙しくなりますが, 面白い経験もたくさんできます。忙しければ段取りよく仕事をこなしますので,研究の生産性は落ちません。
 課題は,病後児や突発的な出張の際などのサポート体制が不十分なことです。幼児期から娘を学会に同行させていましたが,子供の負担が増えると親の方もつらくなりますし,小児科医や身内に「子供がかわいそう」と説教されて,反論できないこともありました。
 このような経緯で,前の職場(森林総合研究所)の構内に,一時預かり保育室の設置を実現させました。体調不良や病後の回復が早い,出張先で預けられるなどの利点があります。 研究そのものより育児のサポートの方が,安心して仕事に没頭でき,業績向上にもつながるように思います。

専門は森林病理学,木の機能解剖学。 京都大学博士課程終了,農学博士。森林総合研究所関西支所生物被害研究グループ長,同支所地域研究監,森林学会理事などを経て,2010年12月から神戸大学農学部森林資源学教授。日本学術会議連携会員。

佐倉緑先生

佐倉 緑(さくら みどり)

 現在,主にミツバチのナビゲーション行動をテーマに研究をすすめています。
 働きバチは採蜜のために,時に10 kmもの距離を飛行しますが,迷うことなく巣まで帰ってきます。さらにその場所を記憶し,巣仲間に8の字ダンスとして伝えることがよく知られています。ミツバチの非常に小さい脳の中でこの空間認識と場所記憶がどのように実現されているのか,を神経回路レベルで明らかにしていきたいと思っています。
 宜しくお願いいたします。

専門は無脊椎動物を用いた神経行動学。北海道大学博士課程修了,工学博士。東京大学薬学部機関研究員,チューリッヒ大学動物学専攻博士研究員,北海道大学電子科学研究所博士研究員を経て,2011年1月から神戸大学大学院理学研究科講師。

保井みなみ先生

保井 みなみ(やすい みなみ)

 神戸大学に着任してもうすぐ半年を迎えます。研究室にも慣れ,これから本格的に自分の研究を始めようと今,色々と悩んでいるところです。
 私が所属する研究室の学生は皆,真面目で熱心で,私もやる気をもらっています。そして,先生方や研究員の方の話を聞き,毎日色々と教えられ,そして学ばせてもらっています。
 学位をとったとはいえ,まだまだ研究者や社会人としては半人前以下です。今後も神戸大学で色々なことを習得したいと思っています。

2010年3月に名古屋大学博士後期課程修了,博士(理学)を取得。日本原子力研究開発機構の博士研究員を経て,2011年2月神戸大学自然科学系先端融合研究環助教に着任。専門は実験惑星学,宇宙雪氷学。

2011年度 採用教員

茶谷絵理先生

茶谷 絵理(ちゃたに えり)

 神戸大に着任してから半年が過ぎました。研究を軌道に乗せようと現在も奮闘中ですが,多くの方々のサポートをいただき,少しずつですがようやく前に進み始めることが出来ました。
 私は,タンパク質の立体構造形成,なかでも折りたたみを誤ることで形成される「アミロイド線維」という構造体を研究しており,神戸のよき環境の中で,今後タンパク質構造のもつ様々な側面を明らかにしたいと考えています。
 どうぞよろしくお願いします。

京都大学大学院博士課程修了,博士(農学)。日本学術振興会特別研究員,大阪大学蛋白質研究所特任研究員,立命館大学薬学部助教などを経て,2011年4月から神戸大学大学院理学研究科准教授。

山田香織先生

山田 香織(やまだ かおり)

 助教として着任して半年が過ぎました。先生方,スタッフの方々には数多くのチャンスや様々な面でのご支援・激励を頂いております。心より感謝いたしております。
 工学研究科機械工学専攻 創造設計工学研究室に所属し,設計やそれを行う人間について等,学生と共に自分も学びながら研究を行っています。まだまだ未熟ではありますが,頂きました機会や励ましを無駄にしないようにも,今後とも研究教育に取り組んでいきたいと思います。

神戸大学大学院工学研究科博士課程後期課程修了,博士(工学)。神戸大学 学術推進研究員を経て,2012年1月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。

松尾栄子先生

松尾 栄子(まつお えいこ)

 約9年ぶりに神戸大学に帰ってきて9ヶ月あまりが過ぎました。最初は随分と変わってしまった母校に驚きましたが,最近は「一見変わったように見えつつも相変わらずな『神大なトコロ』」を再発見中です。
 これまで,主に研究グループの一員として大まかに割り振られた自分の研究にのみ集中していれば良かったのが,今は感染症という大きなくくりの中で自分の研究グループを立ち上げ,その中で研究教育に従事すると言う事で,戸惑うことも多々ありますが,諸先輩先生方にご助言いただきつつ,学生さん達と一緒に少しずつ前に進んで行きたいと思います。

神戸大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後,大阪大学大学院医学研究科にて博士(医学)取得。大阪大学微生物研究所,London School of Hygiene & Tropical Medicine(英国) での研究員を経て,2011年8月から神戸大学農学研究科助教。専門は分子ウイルス学。次々と湧いてくる「ウイルスの謎」と日々奮闘中。

藍原祥子先生

藍原 祥子(あいはら よしこ)

 研究室では学生達の実験にアドバイスをしながら自分の研究の立ち上げを行っています。神戸大学は理系研究科の交流や共通機器などに見られる協力体制の観点から,研究の自由度の高さと参加しやすい印象を持っています。
 また院試などの行事,授業を通じて本学の教育に参画していますが,特に農学部は比較的女子が多いので,彼女達にとって魅力あるロールモデルになれるよう精進したいと考えております。

東京大学博士課程修了。博士(農学)取得後,スイスのネスレ研究所研究員を経て,2011年8月より神戸大学農学研究科助教。バックグラウンドの研究分野は味覚の分子生物学,現在は食品・栄養化学の担当。「おいしく食べる」を趣味兼仕事としています。

榎並直子先生

榎並 直子(えなみ なおこ)

 平成24年1月より,神戸大学に赴任して以来,全てが新しい経験の連続であり,新たな研究の立ち上げに追われ,この半年の時間は瞬く間に過ぎていきました。
 現在は,人間の動作認識・状態推定という新しい分野の研究に緖先生,先輩方にご助言を頂きながら,学生とともに取り組んでいます。
 このような教育・研究に専念できる素晴らしい環境を与えて頂いたことを心より感謝しております。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程修了,博士( 工学)。日本学術振興会特別研究員PD および国際電気通信基礎技術研究所研究員を経て,2012 年1 月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。

中馬いづみ先生

中馬 いづみ(ちゅうま いづみ)

 神戸大学では,ポスドク期間中にもたくさんの支援をいただき,学内外の先生方,スタッフの方々にいつもたくさんの激励をいただいておりました。本当にありがとうございました。
 農学部植物病理学研究室をベースに教育・研究に取り組んで4 ヶ月になります。学生とともに植物病害診断を学び,イネ科植物いもち病菌の研究を行うという,好きなことをのびのびとさせていただける環境に,とても感謝しております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了,博士(農学)。神戸大学育成研究員を経て,2012 年1 月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。

2012年度 採用教員

日出間るり先生

日出間 るり(ひでま るり)

 神戸大学に着任してから半年が過ぎようとしています。大学での日々は,研究や学生指導,研究室主催の国際会議,オープンキャンパスの企画やテレビ出演など,忙しくも楽しいことばかりでした。研究について何か悩みを感じるとき相談できる先生方が居るのも,とてもありがたいです。
 私が現在の場所に居るのは,周りの方々の温かいご指導があってだと感じているので,私も神戸大学での機会を無駄にすることなく研究を進めるとともに,学生たちに研究の楽しさを伝えていきたいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了,博士(農学)。山形大学大学院理工学研究科機械システム工学専攻にて博士研究員。2012年4月から,自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。研究室は工学部応用化学科粒子流体工学研究室に所属。

鈴木千賀先生

鈴木 千賀(すずき ちか)

 研究環に所属しつつ,工学研究科市民工学専攻の教員として研究活動を進めております。市民工学は,いち教員いち研究室体制をとっており,助教も例外ではなく,研究室の設営は勿論,実験室も独りでゼロから作り上げるという作業が求められます。
 この様な中で,市民工学教員の皆様のご協力,本プログラムの「メンター制度」は何より有り難いものです。「藻類バイオマス利用」と言う市民工学では類を見ない自身の研究が今後どのように発展していくのか,ここが頑張りどころだと考えております。

名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程修了,博士(環境学)。高知大学特任助教等を経て,2012年6月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。教育面では,同年後期も名古屋大学大学院非常勤講師(NUGELP)兼務。

本郷千鶴先生

本郷 千鶴(ほんごう ちづる)

 神戸大学に着任して4か月が過ぎました。先生方に多くのご支援・ご助言を頂きながら日々,研究の立ち上げに奮闘しております。
 生体高分子の構造と物性の相関を明らかにすることで高機能材料を創製することを目的とし,コラーゲンを用いて研究を進めております。研究室での実験や測定に加えて大型放射光施設SPring-8での測定のチャンスも与えて頂き,学生と共に学びながら新たなテーマに取り組んでおります。研究室遠足や学会発表,セミナー講演,学会誌の座談会企画などにも参加させて頂きました。研究を発展させ面白さを学生に伝えられるよう研究・教育に励んでいきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

東京農工大学大学院工学研究科博士前期課程修了の後,東京医薬専門学校非常勤講師を務め,東京農工大学大学院工学研究科博士後期課程修了,博士(工学)。大阪大学大学院理学研究科・工学研究科,東京大学大学院農学生命科学研究科にて特任研究員を経て,2012年8月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。工学研究科応用化学専攻応用高分子化学研究室に所属。

松本文子先生

松本 文子(まつもと あやこ)

 昨年9月の着任当初は育児と研究の両立に不安を抱えておりましたが,様々な支援制度の恩恵を受け,周りの先生方から温かい励ましをいただきつつ,良好な研究ベースを構築しています。
 専門は芸術・文化を中心とした農村振興です。芸術・文化の公益性を科学の力を用いて評価すべく,全国の事例を調査しています。神戸大学においても,兵庫県下のため池を中心とした豊かな農村資源と,デザイン都市神戸の文化資源を循環させる仕組を提案したいと考えています。

京都大学大学院地球環境学舎博士後期課程修了,博士(地球環境学)。立命館大学グローバルCOEプログラム「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」PD,同大学衣笠総合研究機構PD,日本学術振興会特別研究員(PD),オハイオ州立大学客員研究員を経て,2012年9月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。農学研究科食料共生システム学専攻,地域共生計画学研究室に所属。

吉田康子先生

吉田 康子(よしだ やすこ)

 食資源教育研究センターは,加西市にある農学研究科の付属の農場です。近年では,自分が普段食べている野菜がどのように栽培され,またどのような花を咲かせるのかなど知らない学生も多くなっています。ここでは,農場実習や研究の栽培・調査を通して,自らの目で興味あることを見つけることができる素敵な環境です。また収穫された生産物を神戸大学ブランドとして販売していることから,生産から販売まで行えるやりがいのある場所で地域貢献をしていきたいと思います。

筑波大学大学院生命環境科学研究科博士後期過程修了,博士(農学)。博士号取得後,筑波大学の非常勤研究員を経て,2012年9月より農学研究科附属食資源教育研究センターに助教として着任。

青木画奈先生

青木 画奈(あおき かんな)

 中世ヨーロッパで作られたステンドグラスの赤色や黄色は,ガラス中の金ナノ微粒子が太陽光内の青緑色,銀ナノ微粒子が青色の光を共鳴吸収し,これらの色の補色のみが散乱されるために見える色です。金属微細構造に現れる共鳴現象はプラズモン共鳴と呼ばれています。
 私は,このプラズモン共鳴を用いた光学材料の開発に取り組んでいます。このたび助教に着任し,学生の研究指導に携わるようになり,研究活動を始めたばかりの学生達の,新しいことに触れる喜び・興奮を目の当たりにして,「科学は楽しい。」という気持ちを新たにしています。

九州大学大学院工学研究科博士課程修了。理化学研究所,東京大学生産技術研究所,イタリア技術機構ナノテクノロジー研究所を経て2012年10月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。工学研究科電気電子工学専攻メゾスコピック材料学研究室勤務。

伊藤麻衣先生

伊藤 麻衣(いとう まい)

 神戸大学で学部,修士を修了し,このたび助教として母校に戻ってきました。恩師の先生方やかつてお世話になった職員の方々に囲まれて教員としての一歩を恵まれた環境で踏み出せたことに感謝しています。
 現在は既存建物の耐震改修に適した制振部材の研究開発に取り組んでいます。学生の時とは違う緊張感と責任感を持ちつつ,後進には何でも相談できる身近な存在でありたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了,博士(工学)。京都大学先端技術グローバルリーダー養成プログラム研究員を経て,2012年10月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。工学研究科建築学専攻建築構造制御研究室に所属。

佐藤春実先生

佐藤 春実(さとう はるみ)

 昨年10月に神戸大学に着任いたしました。周りの先生方にご支援・ご助言を頂きながら研究室の立ち上げという一大イベントに奮闘中です。
 専門は高分子化学で,主に振動分光法やX線回折法などを用いて生分解性ポリマーの構造と物性の研究を行っています。今年の4月から研究室に配属された学生さんたちと一緒に新しい研究テーマに取り組みはじめ,充実した研究生活を送っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

群馬大学大学院工学研究科博士後期課程修了,博士(工学)。豊田工業大学大学院工学研究科,関西学院大学大学院理工学研究科にて博士研究員を経て2012年10月より人間発達環境学研究科人間環境学専攻 自然環境論コース准教授。

2013年度 採用教員

清水志真先生

清水 志真(しみず しま)

 2013 年4 月に神戸大学に着任し,約一年が経ちました。私はスイス・ジュネーブ郊外にある大型粒子加速器LHC を用いた国際共同実験に参加し,物質・宇宙の起源を探る研究に携わっております。現地に滞在し,世界中から集まって来た研究者とともに日々議論を重ねて研究を進めています。
 長期出張を続けているため,神戸大学のキャンパスにはほとんどおりませんが,神戸大学の一員として国際実験に貢献するとともに,学生さんの研究をサポートできるよう励んでいきたいと思います。

東京大学大学院理学系研究科博士課程修了,博士(理学)。欧州原子核研究機構(CERN)フェロー,名古屋大学理学研究科所属タウ・レプトン物理研究センター研究員を経て,2013 年4 月より神戸大学自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。

山口愛果先生

山口 愛果(やまぐち あいか)

 今年4 月に神戸大学に着任してから早くも半年が経とうとしています。私は渦鞭毛藻という微細藻類の多様性と進化過程を探る研究をしております。また,着任後からは世界でも最大規模である神戸大学海藻類系統株コレクション(KU-MACC) の運営にも携わり始めました。
 新しい環境で教員という立場に初めてたち,まだまだ模索中ですが,早く研究を軌道にのせて様々な面で精進していきたいと思います。

北海道大学大学院博士後期課程終了,博士(理学)。高知大学研究員,ブリティッシュコロンビア大学博士研究員,北海道大学学術研究員,沖縄科学技術大学院大学研究員を経て,2013 年4 月より自然科学系先端融合研究環重点研究部助教。

尾下優子先生

尾下 優子(おした ゆうこ)

 2013 年4 月に神戸大学に着任し,約一年が経ちました。私はスイス・ジュネーブ郊外にある大型粒子加速器LHC を用いた国際共同実験に参加し,物質・宇宙の起源を探る研究に携わっております。現地に滞在し,世界中から集まって来た研究者とともに日々議論を重ねて研究を進めています。
 今年度より神戸大学に着任致しました。初めての九州以外の土地での生活ですが,神戸は山と海,異国情緒と夜景,造船業や中華街など,故郷の長崎と共通するところが多く,親近感を覚えています。特に特異かつ学際的な海事科学研究科で,教員としての一歩を踏み出せることを嬉しく思います。現在はサプライチェーンや産業クラスターの研究を行っていますが,様々な分野の先生方,また学生さんとさらに発展させていければと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

2013 年3 月九州大学大学院経済学府 博士後期課程修了,博士(経済学)。神戸大学大学院海事科学研究科 学術推進研究員を経て,2013 年7 月より同研究科助教。

2014年度 採用教員

大野 朋子先生

大野 朋子(おおの ともこ)

昨年の10月に着任しました。神戸にはほとんど行ったことがなく、少し不安にも感じましたが、沢山の先生方、職員の方々に助けて頂き、1年を終えることができました。
 「人間生活に関わる緑」を大きなテーマとして、学生達と日々、楽しく議論しながら初めての卒論指導に取り組んでいます。また、研究に関してはフィールドワークを中心にして植物利用の文化から地域の景観形成について深く探求しています。どうぞよろしくお願いいたします。

大阪府立大学大学院農学生命科学研究科博士後期課程修了、博士(農学)。同研究科客員研究員、日本学術振興会特別研究員PD、大阪府立大学大学院生命環境科学研究科助教を経て2014年10月神戸大学大学院人間発達環境学研究科生活環境論コース准教授。

新規養成女性教員採用計画

インセンティブ助教制度

育成研究員制度

理系女性教員養成計画

その他