神戸大学ブリュッセルオフィス Kobe University Brussels European Centre


挨拶

神戸大学長挨拶

Hiroshi Takeda

2010年9月、神戸大学は神戸大学ブリュッセルオフィス (KUBEC) を設置しました。KUBECは、ブリュッセルにおける日本の大学の初めての拠点です。 神戸大学は創立から100年余りと、ヨーロッパの諸大学に比べれば古い歴史を持つ大学とはいえません。しかし、開国以来、世界と日本を繋ぐ役割を担ってきた港町神戸に位置する大学として、これまで多くの世界で活躍する人材を育成するとともに世界の一流大学に伍して先端の研究を推し進めることができたことは神戸大学の誇りとするところです。 グローバル化が進展する21世紀においては、それぞれの大学としての教育研究基盤整備とともに国際連携による教育研究の推進が意味を持ちます。「学術研究の国際的な交流と連携の拠点として急進的な役割を果たす」ことを教育憲章に掲げ、独自のテーマによる教育研究の国際的競争力を高めて世界的拠点を確立し、その分野を学び研究するために学生・研究者が国際的に行き来することを促進しています。

KUBECは、この神戸大学の教育研究の理念に基づき、社会科学、人文科学、自然科学、生命化学の各分野に置いて、ヨーロッパの諸大学・研究機関との国際連携による教育研究の推進に寄与することを設置の目的としています。

神戸大学長 武田廣


オフィス所長挨拶

ブリュッセルはヨーロッパの中央部にあり、ベルギーの首都であると同時にEU各国をつなぐ交通の要衝にあるためヨーロッパ全域にまたがる国際機関の本部が多く置かれています。中でも最重要なのは、欧州委員会ならびに欧州連合理事会事務局を代表とする欧州連合の諸機関です。年間の欧州議会活動の4分の3がブリュッセルで開催されており、ブリュッセルは正にEUの首都として機能を果たしています。

そのEUの首都に、神戸大学は神戸大学ブリュッセルオフィスを開設いたしました。日本の大学がブリュッセルに事務所を設けるのは初めて試みです。2010年の開設以来、ブリュッセルオフィスは本学教員や学生そして卒業生とEUの研究者や公的機関あるいは企業との交流・情報交換の場として大いに活用されています。

特に毎年恒例のブリュッセルオフィス国際シンポジウムは、欧州における本学のプレゼンスを定着させるイベントとなっています。ほぼ毎月開催されるワークショップも、本学の学術交流ネットワークを拡大するために役立っています。また、本学から派遣されている邦人留学生や本学から帰国した外国人留学生の交流の場所にもなっています。さらに、オフィスには専用回線による遠隔地会議システムが導入されており、神戸本学に居ながらにしてブリュッセルで行われる講義やセミナーに参加できることもオフィスを構える意義のひとつです。ブリュッセルオフィスは今後とも本学の欧州戦略の現地拠点として役割を果たして参ります。

ブリュッセルオフィス所長 吉田 健一

pagetop

Copyright © Kobe University. All Rights Reserved.