神戸大学中国事務所 Kobe University China Office


神戸大学上海交通大学文理融合国際共同研究拠点 Kobe University and Shanghai Jiao Tong University Interdisciplinary Research Base


挨拶

学長挨拶

Hiroshi Takeda

2008年1月、神戸大学は北京に神戸大学中国事務所を設置しました。以来、アジアの諸機関との懸け橋となるべく活動を行っております。

グローバル化が進展する21世紀においては、大学としての教育研究基盤整備とともに国際連携による教育研究の推進が重要な意味を持ちます。本学は、先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学を目指し、国際性の強みを生かしてグローバル・ハブ・キャンパスとしての機能を飛躍的に高めて教育研究拠点を確立して、現代及び未来社会の課題を解決するための新たな価値の創造に挑戦し続けます

中国事務所は、この目標達成の一翼を担い、社会科学、人文科学、自然科学、生命科学の各分野を横断して、中国及びアジアの諸大学・研究機関との幅広い国際連携による教育研究の推進に寄与することを目的としています。

神戸大学は、2017年12月に、協力先である北京外国語大学北京日本学研究センター内に中国事務所を移転しました。この移転を機に、諸機関との連携を一層深め、中国及びアジアにおける国際連携拠点としての役割を果たしていきます。

学長 武田 廣


所長挨拶

HU Yunfang

山と海に恵まれ日本最古の貿易港都でもある開放的で国際性に富んだ土地に位置する神戸大学は、その文化が大学のキャンパスにも浸透し世界各国から来られる研究者・留学生にとって研究・生活しやすい環境になっています。

本学の国際連携推進機構アジア総合学術センターに属する中国事務所はこのような神戸大学の伝統を守りつつ、中国をはじめアジア諸国・地域の大学や研究機関との学生交流・学術交流を一層促進することを目指しています。具体的には、本学へ留学を希望する中国の優秀な学生に対する留学活動支援、中国の大学や研究機関との共同研究や学術交流の促進、そして中国各地で活躍する本学同窓生の交流活動協力などです。

神戸大学の更なる発展は日本国内だけではなく、中国を含めた世界各国の優秀な人材との交流にとって不可欠です。一方で、日本人学生は先進国だけでなく、将来的な可能性の大きい発展途上国から日本そして本学を再発見することも大事ではないかと考えています。海外から特に中国をはじめとする発展途上国から日本そして神戸大学の特徴を含めてこれから更なる発展の機会を見つめることを期待しています。そのために中国事務所にも一役を果たせばと考えています。

中国事務所長 胡 云芳

pagetop

Copyright © Kobe University. All Rights Reserved.