神戸大学中国事務所 Kobe University China Office


挨拶

学長挨拶

Hiroshi Takeda

2008年1月、神戸大学は神戸大学中国事務所を北京に設置しました。

神戸大学は、開放的で国際性に富む固有の文化の下、「真摯・自由・協同」の精神を発揮し、人類社会に貢献するため、普遍的価値を有する「知」を創造するとともに、人間性豊かな指導的人材を育成する大学です。

開国以来、世界と日本を繋ぐ役割を担ってきた港町神戸に位置する大学として、これまで多くの世界で活躍する人材を育成するとともに世界の一流大学に伍して先端の研究を推し進めることができたことは神戸大学の誇りとするところです。

グローバル化が進展する21世紀においては、大学の教育研究基盤整備とともに国際連携による教育研究の推進が大きな意味を持ちます。そのため神戸大学では教育憲章を定め、世界の平和に貢献するために、国際的に卓越した教育を提供するという教育理念を掲げています。

さらに、研究憲章の研究目標では「学術研究の国際的な交流と連携の拠点として求心的な役割を果たす」ことを掲げ、独自のテーマによる教育研究の国際的競争力を高めて世界的拠点を確立し、その分野を学び研究するために学生・研究者が国際的に行き来することを促進しています。

神戸大学中国事務所は、この神戸大学の教育研究の理念等に基づき、人文・人間科学、社会科学、自然科学、生命・医学の各分野において、アジアの諸大学・研究機関との国際連携による教育研究の推進に寄与することを設置の目的としています。

学長 武田 廣


所長挨拶

Yasishi Ogata

神戸大学は、国際交流におけるアジア、とりわけ中国の重要性に鑑み、2003年にいち早く、中国コラボレーションセンターを北京に開設しました。そして、大学全体の国際的な教育連携と協同研究を一層推進するため、2008年1月、神戸大学中国事務所を北京に設置し、現在、国際連携推進機構アジア総合学術センターの中に位置付けられています。

神戸大学中国事務所は、大学のブランドイメージ向上、優秀な留学生の確保、中国の中核となる大学や研究機関との学術交流の推進と支援、さらに、中国における同窓会ネットワークの拡充など、中国各地で様々な交流活動を実施して参りました。本学の留学生数は、2008年以降1,000名を超え、そのうち中国からの留学生は全体の約6割を占めています。また、2014年11月1日現在、本学は中国の42大学と国際交流協定を締結しており、人文・人間科学、社会科学、自然科学、生命・医学の各分野において、活発な共同研究と連携教育の重層的な交流を展開しています。

神戸大学は、国際的に卓越した教育を提供するという教育理念を掲げ、先端研究・文理融合研究で輝く卓越した研究大学としてさらなる発展を目指しています。神戸大学中国事務所は、中国の諸大学・研究機関との幅広い教育研究の重層的な交流を、神戸大学の特色と強みを活かして推進・支援し、学術研究と教育における日中間の国際交流の更なる発展に寄与して参ります。今後とも、ご支援ご協力のほどよろしくお願い致します。

中国事務所長 黄 磷

pagetop

Copyright © Kobe University. All Rights Reserved.