神戸大学中国事務所 Kobe University China Office


神戸大学上海交通大学文理融合国際共同研究拠点 Kobe University and Shanghai Jiao Tong University Interdisciplinary Research Base


挨拶

学長挨拶

Hiroshi Takeda

2008年1月、神戸大学は北京に神戸大学中国事務所を設置しました。以来、アジアの諸機関との懸け橋となるべく活動を行っております。

グローバル化が進展する21世紀においては、大学としての教育研究基盤整備とともに国際連携による教育研究の推進が重要な意味を持ちます。本学は、先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学を目指し、国際性の強みを生かしてグローバル・ハブ・キャンパスとしての機能を飛躍的に高めて教育研究拠点を確立して、現代及び未来社会の課題を解決するための新たな価値の創造に挑戦し続けます

中国事務所は、この目標達成の一翼を担い、社会科学、人文科学、自然科学、生命科学の各分野を横断して、中国及びアジアの諸大学・研究機関との幅広い国際連携による教育研究の推進に寄与することを目的としています。

神戸大学は、2017年12月に、協力先である北京外国語大学北京日本学研究センター内に中国事務所を移転しました。この移転を機に、諸機関との連携を一層深め、中国及びアジアにおける国際連携拠点としての役割を果たしていきます。

学長 武田 廣


所長挨拶

LUO Zhi-wei

神戸大学中国事務所は、大学のブランドイメージ向上を大切にし、2008年1月より中国北京市に開設され、中国の大学や研究機関と幅広い学術交流を推進して参りました。現在は本学国際連携推進機構アジア総合学術センターに位置付けられており、中国との国際交流強化を図っております。

本事務所の設置目的は、(1)本学へ留学を希望する中国の優秀な学生の留学活動支援、(2)中国の大学や研究機関との共同研究に着眼し、学術交流促進、そして、(3)中国各地で活躍する本学同窓生の交流活動協力などであり、これらの目的を達成するために鋭意努力して参ります。

近代科学技術の進歩に支えられて、今日、中国と日本は、世界第二、第三の経済大国として成長して参りました。同時に、社会高齢化問題、環境問題、エネルギー問題、自然災害問題など、数多くの課題を共有しております。神戸大学は、「学理と実際の調和」を理念とし、「先端研究・文理融合」を骨子とした「武田ビジョン」のもとで卓越研究大学として世界最高水準の教育研究拠点を構築し、現代及び未来社会の課題を解決するための新たな価値の創造に挑戦し続けています。このような神戸大学の特色と強みを活かして、神戸大学中国事務所は、中国の諸大学・研究機関とより一層高いレベルの教育研究交流を押し進め、日中国際学術交流の更なる発展に寄与することを期待しております。

中国事務所長 羅 志偉

pagetop

Copyright © Kobe University. All Rights Reserved.