1. トップページ
  2. 組織

組織

神戸大学は、その教育憲章の「教育目的」のひとつに「国際性の教育:多様な価値観を尊重し、異文化に対する深い理解力を有し、コミュニケーション能力に優れた人間の育成」を掲げています。また2015年4月に制定された神戸大学ビジョンで、「海外中核大学と共同研究や連携教育の重層的な交流を図り、世界各地から優秀な人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパスとしての機能を飛躍的に高める」ことを目指しています。

それらの目的を実現し、グローバル教育のサポート体制を強化・拡充するために、留学生センターとEUIJ関西および日欧連携教育府の3つの組織を統合して、「国際教育総合センター」が2016年4月に新たに設置されました。「プログラムコーディネート部門」はセンターの一部門として、本学の国際性を活かした教育プログラムの開発・推進を支援していきます。

本学の国際戦略の重点地域のひとつであるEU域との連携については、学内に複数存在していたEU教育プログラム間の連携の強化に努めます。支援対象地域をEU域外にも拡大し、特に複数部局が関連する教育プログラムの開発支援や全学展開などを中心に推進しています。また、派遣ばかりではなく、受入れ留学生を対象とした「現代日本プログラム」も運営しています。

国際連携推進機構

国際連携推進本部

EU総合学術
センター

アジア総合学術
センター

米州
交流室

国際教育総合
センター

連携

プログラムコーディネート部門

金京 拓司

部門長
大学院経済学研究科 教授

林 良子

副部門長
大学院国際文化学研究科 教授

ジャンルカ・ガッタ

特命准教授
(社会文化学分野 担当)

キビリチム・エルカン

特命講師
(法学政治学分野 担当)

マッスィミリアーノ・ポルト

准教授
(経済学分野 担当)

橋田 力

准教授
(アカデミックコーディネーター)

小石 佳子

特命講師
(プログラムコーディネーター)

留学生教育部門

国立大学法人 神戸大学

国際連携推進機構

国際教育総合センター
留学生教育部門

実施プログラム一覧

ヨーロッパを学ぶプログラム

アジアを学ぶプログラム

日本を学ぶプログラム

海外の学生向けプログラム