1. トップページ
  2. 留学体験記
  3. M.K.さん 神戸大学 国際文化学部 卒業

M.K.さん 神戸大学 国際文化学部 卒業

私は国際文化学部在学中に国際政治、特に欧州の政治を学ぶゼミに所属していました。フランス語を第2外国語として履修しており、フランス政治や社会に強い関心を持っていたこともあり、学部在籍中の交換留学でパリの協定校に留学しました。その後大学院修士課程進学ためパリに戻ることを決意したのは、この交換留学中のことです。

交換留学以前にはフランス語レベルを上げようとかなり努力したのですが、現地での授業についていくのは大変困難でした。十分な単位を取得して帰国することはできましたが、思い描いていたように自分の専門分野の知識や理解を深めるところまでは至らなかったのが現実でした。また、交換留学中に多国からの留学生と出会い、日本で生活しているときには知らなかった、もしくは気づかなかった考え方や世界に触れることができ、より長期間、欧州で生活したいという気持ちが強くなりました。このような理由から私はもう一度フランスに戻り、大学院へ留学することを決めました。

フランスは留学生を多数受け入れている国ではありますが、サポート体制に関してはかなり不十分なところがあると思います。何でも自分で情報を探し、自分で動かなければ周囲の助けは得られません。交換留学の際には神戸大学の担当教授がフォローしてくださり、提出書類の準備などスムーズに行うことができましたし、現地校との交流協定のおかげで学生寮にも問題なく入ることができました。

それとは反対に、正規留学の場合は自分ですべて準備を行わなければなりません。私は複数の大学院に応募しましたが、院によってそれぞれ提出書類や応募方法が異なったり、必要な情報が院のホームページに載っておらず、直接連絡を取らなければならなかったりと何事もスムーズには進みませんでした。また、何が基準で合否が決まるのか明確ではないため、大学院に合格できなかった場合の将来について不安が常に付きまといました。春に神戸大学を卒業してから大学院入学の秋までの半年間は、留学資金の準備をして過ごしていました。

大学院への正規留学中には交換留学生という特別なステイタスではなく、現地の学生と同条件で厳しい学生生活を送りました。フランスでは大学院は2年継続ではなく、1年目と2年目が分かれているものが多いです。つまり、院1年目が終了する頃、2年目のコースへの進学に応募しなければなりません。院1年目の成績が合否に大きく影響するので、学生間での競争意識は日々とても激しかったです。交換留学の際には語学のレベルが足りないから単位が取れなくても仕方がないという考えがどこかにあり、自分自身に甘かった部分も多くあると思いますが、院在学中には多くの授業や試験の傍ら論文を仕上げるなど、タイトなスケジュールの中、学問に集中して過ごしました。

私は修士号取得後には、そのままフランスに留まり仕事をしようと考えていました。フランスの就職活動は日本のものとは異なり、決まった時期に一斉に企業が募集をかけるということは行われていません。一年中を通して採用の可能性があり、自分が学生時代に学んだことを生かせるポストに直接応募する形です。就職活動の際に大変重要となるのが学生時代に行った職業経験です。多くの学生が長期休暇中にインターンシップを行いますし、修士課程の中にもインターンシップを義務とするものが多数あります。私は修士課程2年目に3ヶ月以上のインターンシップが義務付けられていたので、4ヶ月間、日本関連機関でインターンシップを行いました。この際に学んだスキルや出会った人の繋がりは就職活動、現在の仕事に大変役立っています。ダブルディグリー制度にインターンシップが含まれていなくとも、現地の学生が在学中から将来の就職のことを常に念頭に置いて生活している状況を見るのは刺激になると思います。

日本では文系の分野で修士課程まで進む人はごく少数ですが、フランスでは多くの学生が学士修了後、修士に進みます。学んだことを職業に生かすために必要な知識を生かすため、就職に必要な職業経験を積むために必要な時間だとみなされています。日本では院進学や留学を決断する際に、周囲の同学年の人から遅れを取ってしまうと考え躊躇する人がいますが、外国に住んで自分の視野を広げること、特に欧州のボーダレスな人との関わりの中で国際感覚を身に付け、関心のある学問に熱中する時間はかけがえのない経験となると、私は考えています。

M・K(国際文化学部 2009年度卒)

実施プログラム一覧

ヨーロッパを学ぶプログラム

アジアを学ぶプログラム

日本を学ぶプログラム

海外の学生向けプログラム