1. トップページ
  2. 留学体験記
  3. 江本佳菜子さん 九州大学法学府(法学修士)ルーヴェン大学大学院欧州研究プログラム(修士)修了

江本佳菜子さん 九州大学法学府(法学修士)ルーヴェン大学大学院欧州研究プログラム(修士)修了

UNODC(国連薬物犯罪事務所)でのインターンシップ体験記

国連薬物犯罪事務所本部/条約局/組織犯罪・不正取引部/人身取引・移民密入国課
(Human Trafficking and Migrant Smuggling Section/UNODC)
インターン期間:2013年12月2日~2014年5月30日(6ヶ月間)

 
【インターン先にUNODCを希望した理由】
 「国連」と聞いたときに、人身取引(人身売買)も国連薬物犯罪事務所(UNODC)もすぐに思い浮かぶ分野や組織ではないかもしれません。UNODCは、不正薬物や越境組織犯罪を扱う国際機関です。私はその中で、人身取引と密入国の問題を扱う部署でインターンをしました。現在、国際組織犯罪には条約が、人身取引と密入国に関しては議定書があります。UNODCは加盟国の国内法がこうした国際的なルールに沿ったものになるよう法整備支援や、被害者・犯罪者に適切な司法的対応がとられるよう各国の関連省庁・司法担当官への研修、リサーチなどを行っています。

 インターン先を探していた時、私はベルギーの大学院で欧州連合(EU)とグローバルガバナンスについて学んでいました。ベルギーでは修士論文としてEUと国際諸機関の人身取引対策への在り方を書いており、授業ではEUの移民政策論なども受講していました。また、九大では国内避難民(IDPs)と国際人権法について修士論文を書いていたこともあり、人権分野の中でも人の移動に伴う問題に関わるインターンができればと思っていました。その中でもUNODCは当時修士論文のテーマとしていた人身取引対策分野で 包括的なマンデートを持っていること、また、これまで「法」を学んできたという経験が一番活かせるのではないかという考えから、UNODCでのインターンに特に関心を持っていました。

【インターンの内容】
 インターン中には様々な業務を任せてもらえる機会に恵まれました。ここではその中でも特に思い入れがある3つを紹介したいと思います。

  • 人材紹介会社と人身取引の関係性を検証するリサーチプロジェクト

このプロジェクトは私がインターンを始めた頃に動き出したものでした。人材紹介会社やリクルート手数料と人身取引を関連付けたデータや先行研究が少なく、研究に必要な知識をもっている人材や組織を見つけ出すところから模索していかなければならない難しさがありました。一方で、リサーチの手法や構想の決定、実際のリサーチの着手など、プロジェクトの今後を方向付ける部分を任せてもらえるとてもやりがいのある業務で、プロジェクトを立ち上げ、動かしていく過程を学ぶことができました。

  • 特定の国の現状分析をし、その国に適したプロジェクト内容を提案すること

職員がミッションへ行く前には、その国の人身取引・密入国に関する現状や、これまでその国でUNODCを含む国際機関が行ってきたプロジェクト内容を分析し、その国に最適かつ必要と思われるプロジェクトの内容を提案することもありました。この経験から、「プロジェクトを立案する際に何に気を付けるべきなのか、ドナー国からもプログラム国からも喜ばれるプロジェクトプロポーザルとはどのようなものなのか」ということを考えるようになりました。

  • 各国政府との会議で話し合う議題の提案・準備

本部では大規模な会議だけでなく、たとえば人身取引課と日本政府というように、各国政府と1対1の会議が設けられることがよくありました。その際、その国の現状分析をし、UNODCがこれまでその国で、あるいはその国と協力して行ってきた技術協力や今後の展望などをまとめ、会議で話し合うべき論点を職員に伝えることも仕事の一つでした。同じ人身取引対策でも、国によって抱える問題が違い、政府ごとに話し合いの進め方も違いました。このタスクも「加盟国政府との信頼関係を築いていくためには会議などでどのような調整が必要で、どのような仕事の進め方をするべきなのか」という現在の仕事につながる課題を得ることができました。

【大学での勉強の大切さ】
 国際機関で働きたいという思いをずっと持ってはいましたが、九大で勉強している時も、ルーヴァン大学への留学も、そこでの勉強と国際機関を直接結びつけて思い描くことは実はなかなかできませんでした。しかし、面接の時に「法学のバックグラウンドがしっかりあること」「難民や人権など人身取引に関連する問題の国際規範についても知識があること」、そして「法だけでなく移民政策など、政治・政策も勉強してきていること」を評価していただきました。つまり、私の場合は九大で勉強してきた法と、ルーヴァン大学で勉強したことの両方が基礎にあってこそ実現したインターンでした。

 また、個人的には大学での勉強は国際機関での仕事に通じるものも多くあると感じました。インターン初日にまず渡されたのは100ページを超えるレポートのドラフトで、1日半で先行研究や引用元論文との整合性も確認しつつ、そのレポートにコメントや訂正を書き加えていく課題でした。UNODCでの業務には先行研究や文献を読み込み、レポートにまとめるリサーチの仕事も多くあります。極端に言えば、こういったリサーチ業務と大学院での勉強は、自分の掲げる課題のために自分が軸となり研究を進めるか、組織や加盟国が求めるものを実現・証明するためにチームと協力して研究を進めるかの違いくらいしかなく、大学でのリサーチの経験も十分に役立つのではないかと思います。また、リサーチの仕方だけでなく、大学で身につけた知識が直接役に立つこともありました。リサーチの仕事が多いとはいえ、それだけが業務ではないので、職員の方々は最近の論文を幅広く読み込む時間がないことも多いです。そんな時にどの分野でどの研究者がどんな議論をしていたかということを覚えているだけでもチームへの貢献度がかなり変わります。それぞれの職員が担当しているプロジェクトで役立ちそうな関連する論文を紹介することでチームに貢献できたことも何度かありました。これからインターンに挑戦する方にも、『学生だから、インターンだから...』と思うのではなく、大学で学んできたことに自信をもって挑戦して大丈夫だよと伝えたいです。

インターンを終えてから】

 インターンを終えた後は修士課程を終えるためにベルギーへ戻りました。卒業までの間に日本や欧州の国際機関やNGOを中心に就職活動をしました。2014年9月にルーヴァン大学を修了し、同年9月から国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部でプロジェクトマネージメントコンサルタントとして勤務しています。インターンを探している時は人の移動や人権に関わる求人を中心に出願していましたが、現在勤務しているのはファンドレイジングやプロジェクト管理、そしてドナー国との調整業務を担当する部署です。

 一見これまでのバックグラウンドに全く関係ない分野に進んだように見えるかもしれませんが、UNODCのインターンを通して得た気付きが現在の仕事へつながっています。私がインターンしたUNODCは比較的予算規模の小さな機関でした。プロジェクトが有意義な結果を生み出しそうな内容であっても予算で制限がかかることも多く、もう少し予算があったらどんな効果が生まれたかなと残念に思うことも度々ありました。また、地域事務所や国事務所の知識や経験を活かしきれていないと思うこともあり、事務所と本部間での連携体制を強化できたらもっとプロジェクトの効果が高まるのではないかと思うこともありました。そうした経験を通して、ファンドレイジングを学びたい、効果的なプロジェクトの運営・管理方法を知りたい、加盟国や他機関にこの機関と一緒にやってみたいと思ってもらえるような調整業務のやり方を身につけたいという気持ちになりました。これは全てインターンを通して初めて強く思うようになったことです。現在所属している部署では、こうしたことをまさに経験できる恵まれた環境です。一つ一つの業務から今後のヒントをもらっているような気持ちで働くことができ、充実しています。まだまだ数か月ではありますが、予算規模もマンデートも全く異なる機関で働いてみることでそれぞれの機関が学びあえる長所も見えてきました。人身取引は分野を超え、多くの国際機関やアクターと連携をしなければ効果的に対処できない問題です。今後も様々な機関の視点や長所を学び、いつかまた人身取引や人の移動に関わる国際機関で働きけるよう経験を積んでいきたいと思っています。

 福岡で学生をしている時には自分がベルギーへ留学し、ベルギーからウィーンやニューヨークの国際機関へ行くことになるとは思ってもいませんでした。私にはそれぞれの場所で基礎となる大切なことを教えてくださったり、私の思い描く将来を応援し支えてくださった方や先生方がいます。そうした方への感謝を忘れずに、これからも今いる場所でできることに励むことが次の場所へつながっていくことを信じて頑張っていきたいと思います。

(2015年1月執筆)

UNODC.jpg

実施プログラム一覧

ヨーロッパを学ぶプログラム

アジアを学ぶプログラム

日本を学ぶプログラム

海外の学生向けプログラム