1. トップページ
  2. 部門長からのあいさつ

部門長からのあいさつ

プログラムコーディネート部門長 挨拶

神戸大学の重要な使命は、日本はもとより世界の様々な場面で活躍できる高度な能力やタフな精神力を備えた人材を育てることにあります。グローバル化が進む社会の要請に応えるため、日欧連携教育府を2013年10月に発足し、EU(欧州連合)圏の大学との緊密な連携と、国際文化・法・経済の3学部・研究科との協力のもとで、分野横断型の学部・大学院一貫の「神戸大学EUエキスパート人材養成プログラム(KUPES)」を進めてきました。加えて日欧両政府が支援するダブルディグリープロジェクト「日・EU間学際的先端教育プログラム(EU-JAMM)」により、日欧両地域から修士号を獲得して日欧関係のさらなる強化につながる人材を輩出してきました。

この国際連携教育の実績をさらに全学に広げるべく、2016年4月に国際教育総合センター・プログラムコーディネート部門が発足しました。海外中核大学と連携教育の重層的な交流を図り、世界各地から優秀な人材が集まり、世界へ飛び出していく「ハブ・キャンパス」の実現に向けて、神戸大学の国際性を活かした特色ある教育プログラムを開発・推進することで、その機能を飛躍的に高めることを目指しています。

特にEU教育については、KUPESとEU-JAMMに加えて神戸大学が注力するEU教育研究の先鞭をつけたEUIJ関西(EUインスティテュート関西)の機能の一部を継承し、新たに欧州連合から資金援助を受けてジャンモネCOE(Jean Monnet Center of Excellence)を運営します。複数あるEU教育プログラム間の連携を強化し、日欧間の学生交流を教育プログラム面から支えます。

また支援対象地域をEU域外にも広げ、派遣ばかりでなく、受入れ留学生を対象とした教育プログラム「現代日本プログラム」も試行します。かねてより各学部・研究科で国際教育プログラムの開発・運営を進めていますが、当部門では特に複数部局が関連する教育プログラムの開発支援や全学展開などを中心に、スピーディに機動力を発揮できる体制の整備にも取り組みます。

グローバル化が世界に浸透している現在、たとえ日本国内で仕事をしていてもグローバルな視野と経験が不可欠です。ある特定の国や地域を限定的・絶対的に捉えるのではなく、複眼的視野を持ち、刻々と変化する世界で柔軟かつ主体的に活躍できる人材の養成が必要とされています。

プログラムコーディネート部門は、数々の国際教育プログラムを提供し、また各学部・研究科が実施する多様な国際教育・研究プログラムとの連携を通じて、世界を舞台にリーダーシップを発揮し、活躍する人材の育成をこれまで以上に推進して参ります。

2016年4月1日
プログラムコーディネート部門長 坂井一成

国立大学法人 神戸大学

国際連携推進機構

国際教育総合センター
留学生教育部門

実施プログラム一覧

ヨーロッパを学ぶプログラム

アジアを学ぶプログラム

日本を学ぶプログラム