トップページ > 設立趣旨等

設立趣旨等

設立趣旨

地域連携推進室は、大学全体として地域貢献に取り組むための窓口となり、自治体と連携し、本学の人的・物的資源を活用し、個性豊かな地域社会の形成を支援するとともに地域の課題の解決を図り、地域の発展を支援する地域連携事業を推進する組織です。

業務内容

(1)地域との連携活動に関する対外的な窓口機能
(2)魅力ある地域づくりへの協力
(3)本学と自治体との連携事業の推進
(4)本学における地域連携の組織的な取り組みへの支援
(5)神戸大学地域連携推進連絡協議会の運営

組織構成

地域連携推進室は、人文・人間科学系、社会科学系、自然科学系、生命・医学系教員と関係事務局職員によって構成される組織です。したがって、全学的な協力体制の構築や学部門間の調整を、迅速かつ円滑に実現することが可能です。

トップページへ